不妊治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター

不妊治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。当院では東洋医学的な方法で早期妊娠をサポートしております。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

不妊症と子宮内膜症

f:id:oosakatoyomedicine:20150811114458j:plain

不妊治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター

  不妊の原因となると考えられている疾患が子宮内膜症です。子宮内膜症は20~40歳の女性で急増している疾患で、ストレスによってホルモン分泌が乱れることによって起こっているのではないかと考えています。

 子宮内膜症とは、子宮内膜の組織が卵巣や腹膜、直腸等の子宮以外の組織に作られてしまい、月経周期に伴って出血する事ができないために、子宮内膜内がうっ血してしまい炎症が引き起こされ、その結果、周囲組織と癒着を引き起こしてしまいます。子宮内膜症は強い月経痛があります。

 子宮内膜症の中でも、卵巣に子宮内膜が作られてしまうチョコレート嚢腫は、特に不妊との関連が強い状態です。チョコレート嚢腫は卵巣が腫れてしまうために、卵巣の実質器官が圧迫され卵巣内を走行する血管も圧迫されてしまいます。そうすると血流量は低下し栄養状態が悪化、卵の成長に問題が現れたり質の低下、排卵に問題が現れます。

 

東洋医学的に子宮内膜症を考えると

 東洋医学的に子宮内膜症を考える時は血の病証と考えます。そして、血に関連する臓腑として肝の治療を行う事が重要とされています。肝の病症では睡眠障害や頭痛、肩こり、目の疲れ等が現れる事が多くあります。特に睡眠障害でも、入眠困難や多夢症(寝ている間に夢を見ていた記憶が頻繁にある)がある場合には、肝の病証を改善する事で血流の改善につながり妊娠しやすい体質への改善につながるかもしれません。東洋医学的に治療を受けてみてはいかがでしょうか?

 

当院での対応

当院では子宮内膜症の状況を東洋医学的に分析すると同時に自律神経機能のバランスもチェックいたします。この時に自律神経機能の異常が認められた場合には、体質改善治療とともに自律神経のバランス改善を行います。

さらに磁気刺激療法を行うことで副交感神経機能の正常化と骨盤内蔵(生殖器系)への血流促進による妊娠体質への改善促進をサポートいたします。

心電図による自律神経バランス計測

自律神経バランス測定

東洋医学のプロによる不妊治療がご希望のあなたへ

 不妊症の治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。最寄り駅は新大阪駅で徒歩約10分です。2012年アメリカ合衆国GOLD AWARD、2015年国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定を受けた日本で唯一の治療院です。

・特に問題が見つからないのに妊娠できない

・自然妊娠をしたい

・座っている時間が長いので骨盤の開きが心配。

このような方は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターにお任せください!

 

これまでの数多くの相談を受け不妊症の治療によって、不妊体質改善と多くの笑顔を見てきた治療のプロにご相談ください。これまでの不妊治療の経験からあなたの体質に合った治療法を提案いたします。治療を行うのは東洋医学の専門家である鍼灸師の国家資格を所持する治療のプロです。プロの治療によって安心・安全に不妊症の改善をサポートいたします。

 

治療は完全予約制で行っております。

ご予約はお電話で承っております。

TEL:080-6224-4693

お電話をお待ちしております。

 

世界に認められた実力で早期の不妊改善をサポートいたします。

2012年アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD

2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

院名:東洋医学治療センター

住所:大阪市淀川区西宮原1-6-36

   最寄り駅 新大阪駅

   地下鉄御堂筋線:新大阪駅の2番出口が最も近いです。

電話:080-6224-4693

大阪市淀川区新大阪周辺地図

新大阪駅から当院までの地図