不妊治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター

不妊治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。当院では東洋医学的な方法で早期妊娠をサポートしております。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

炭水化物を減らしてみると・・・!?

f:id:oosakatoyomedicine:20150811114458j:plain

炭水化物が妊娠に与える影響

不妊治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。

日本人の主食ともいえる炭水化物。実は炭水化物は身体に与える影響の大きな食べ物なんです。 今回のテーマでは炭水化物の内、野菜などの食物繊維は省いてご紹介いたします。

炭水化物

 

炭水化物を食べると体の中ではどうなる?

炭水化物を食べると、消化されブドウ糖と呼ばれる大きさまで分解されて吸収されます。ブドウ糖が吸収されれば、血液中の糖として血糖値が上昇します。血糖値が過度に上昇すると動脈硬化の原因にもなりリスクが高いので血糖値を下げるホルモン(インシュリン)が分泌されます。これによって血糖値は低下します。

 

単純に記載すれば、炭水化物接種 ⇒ 急激な血糖値の上昇 ⇒ インスリン分泌 ⇒ 血糖値低下 このように体の中では大きな変化が起こります。ジェットコースターのような血糖値の変化です。

 

もちろんこれが不妊になる原因とは考えていません。炭水化物を摂取したぐらいで妊娠しにくくなることはないでしょう。ですが、体の中で大きな変化が起こり負担になっているのは事実です。

わかりやすい例では、寝る前に糖質を多く摂取した方の睡眠レベルは浅い傾向があります。これは寝ている時に、血糖値の上下が起こる事によって自律神経機能が安定でき無い事の証明です。

 

血糖値の上下による負担を減らすことで妊娠する確率が僅かでも上がる可能性が考えられます。特に排卵前後や受精後に着床する可能性が高い日の近辺にだけでも糖質を少し減らしてみてはいかがでしょうか?

 

 ご興味お持ちいただいた方はチャンネル登録をよろしくお願いいたします。

 

当院では不妊体質の状況を東洋医学、自律神経計測で分析し、あなたの体の状況に合わせて東洋医学的鍼灸治療、磁気刺激療法を用いて治療を行っております。治療を行うのは鍼灸師の国家資格を所持する治療のプロです。プロの治療で安心・安全に体質改善をサポートいたします。

 

不妊治療は完全予約制で行っております。

ご予約は電話・LINEで承っております。

TEL:080-6224-4693

お気軽にご連絡ください。

 

世界に認められた実力で症状・体質の改善をサポートいたします!

2012年アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD

2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

院名:東洋医学治療センター

住所:大阪市淀川区西宮原1-6-36

   最寄り駅 新大阪駅

電話:080-6224-4693