不妊治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター

不妊治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。当院では東洋医学的な方法で早期妊娠をサポートしております。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

正しい冷え対策を!

冷え対策

正しい冷え対策を!

不妊治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターにお任せください。

冷え対策

 寒い季節になると体を冷やさないように意識される方も多いと思います。やはり冷えは様々な問題を引き起こす可能性があるので対策は重要です。ですが、寒いからといって室温を上げるだけの対処を行っていませんか?

もし、これを行っているようであれば冷えを強めている可能性があります。

逆説的ではありますが、真夏の暑い時期に28度の温度までクーラーで温度を下げるのと温度は28度のままドライで湿度を下げるのではどちらが涼しいと思いますか?

答えは湿度を下げた状態です。

その理由は、人間の体温を下げる方法にあります。人間の体温を下げる機序は不感蒸泄(ふかんじょうせつ)の割合が高いです。わかりやすい表現をすると、体の表面から水分が蒸発することで体温が下がる機序です。この機序は空気中の湿度が低い方が蒸発しやすいため体温が下がりやすくなります。これがドライで湿度を下げる事でより涼しく感じる理由です。

それでは冬はどうでしょうか?

もともと湿度は低く、30%以下まで落ちていることも少なくありません。このような状態でエアコンで温度を上げると湿度はさらに下がってしまいます。そうすると、温度が上がっても不感蒸泄が活発となり体温が下がり冷えを感じやすくなります。 寒さ対策として温度を上げるときには必ず湿度も上げるように心がけましょう。

理想は加湿器をつけることですが、ない場合には室内にタオルを数枚濡らして干しておくだけでも変わります。徹底した湿度対策を行いましょう。

服装としては、厚めの服を1枚着るよりも薄い服を2枚重ね着する方が寒さ対策になります。その理由も先ほどと同様で、服と服の間に湿度の高い空気の層を作ることによって不感蒸泄を抑えることができるためです。

寒い時期に体を冷やさないように最善の対策を!

 ご興味をお持ちいただけましたらチャンネル登録もよろしくお願いいたします。

www.youtube.com

information

 大阪府大阪市淀川区の東洋医学治療センター(野村鍼灸整骨院併設)です。最寄駅は、新大阪駅で徒歩8分です。当院は厚生労働省認可の治療院で、鍼師・灸師・柔道整復師の国家資格所持者による治療を行っております。

 当院は日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からGOLD AWARD、国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定、さらにUniversity of Williamsburgから東洋医学に関する学位を取得した治療院です。世界に認められた実力と自負しております。

・悪いところはどこにもないのに妊娠ができない

・自然妊娠を目指したい!

・西洋医学であきらめましょうと言われたけどあきらめたくない!

このような方は、大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターにお任せください。

 

プロの治療によって、安全・安心に不妊体質の改善をサポートします。
西洋医学的な治療では無理と言われあきらめていた方が、東洋医学的な治療によって妊娠できる例も多くあります。
あなたの症状に応じて東洋医学治療や整体療法を使っています。もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。
できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。

一緒に快適な日常生活を取り戻しましょう。

 

受付時間

受付時間
10:00~21:30 /

※土曜診療は8:30~16:30

※日曜診療は8:30~19:00
・完全予約制
・休診日:水曜日・祝日

 ご予約はお電話で承っております。

TEL:080-6224-4693

お電話をお待ちしております。

 

アクセス

大阪市淀川区新大阪周辺地図

新大阪から当院までの地図

世界に認められた実力で早期妊娠をサポートいたします。

2012年アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD

2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

院名:東洋医学治療センター

住所:大阪市淀川区西宮原1-6-36

   最寄り駅 新大阪駅

   地下鉄御堂筋線:新大阪駅の2番出口が最も近いです。

電話:080-6224-4693